山下裕貴氏(防衛省陸上自衛隊陸将)が、中部方面隊第3師団長として着任されました。

昭和54年大分工業大学※工学部船舶工学科卒業 山下裕貴氏(防衛省陸上自衛隊陸将)が、
7月26日付で中部方面隊第3師団長として着任されました。

第3師団は近畿地区2府4県の防衛警備、災害派遣を主な任務とし、
昨年も台風12号による災害や記録的な大雪に伴う孤立集落の生活道路確保のため尽力されています。

又、同師団音楽隊は定期演奏会を開催し、昨年で42回目を数え、広く地域の方々にも親しまれているようです。
山下第3師団長は就任に際しての記者会見で自衛隊が国民の生命、財産を守る最後の砦であると述べられ、
その負託に応えられるよう任務を果たして行く旨、抱負を述べられました。

この度の栄えあるご就任をお喜び致しますとともに、今後の更なるご活躍をお祈り致します。

※日本文理大学の旧称、昭和57(1982)年に商経学部(現経営経済学部)併設に伴い現在の名称となる。

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2012-08-17 (金) 17:05:22 (2619d)